アナウンサー

小倉智昭がカツラを認めたって本当?昔と現在の画像を比較して検証!

こんにちは!Rillyです!

今回は、フジテレビ系情報番組『情報プレゼンターとくダネ!』でキャスターを務められているフリーアナウンサーの小倉智昭さんについてリサーチしたいと思います!

1999年4月から『とくダネ!』が放送開始となり、それと同時に小倉さんが司会を務められているので、22年間キャスターとして活躍されているそうです!

日本国民誰もが知っていると言っても過言ではないほど、『とくダネの顔』となっている小倉さんですが、2021年1月13日放送中に、今年の3月いっぱいで番組が終了となることを発表されました!

SNSでは小倉さんを毎朝見れなくなるのが悲しい…などの声が聞こえてきました。

それとは別に、変なワードもたくさんあがっていて、かなり気になることが…

ということで!

今回のブログでは、

小倉智昭がカツラを認めたって本当?昔と現在の画像を比較して検証!

という内容でお伝えいたします。

子どもの頃から小倉さんを毎朝見てきた、いちファンとして…ありのままの小倉さんが知りたい!という純粋な気持ちでリサーチさせていただきました!

では早速、進めさせていただきますね!

小倉智昭がカツラを認めたのは本当?周りの反応は?

小倉さんがカツラだというウワサは、本当に広がっているのでしょうか!?

まずはTwitterのツイートをもとに周りの声からリサーチしたいと思います。

小倉智明のカツラ疑惑の反応は?

めちゃくちゃネタにされてますやん!

小倉さんがカツラという話は結構浸透しているんですかね…

ですが!カツラとは関係なく、小倉さんの良い評判もたくさんツイートされています!

一部紹介いたしますね!

ホッと温かくなるコメント…

小倉さんは、学生の頃を思い出させてくれる存在なんですね…

わたしもなんだか懐かしい気持ちになりました。

ほんと「あまたつ〜」が聞けなくなるのも寂しいですよね。

では次に、小倉さんがカツラを認められたというのは本当なんでしょうか!?

小倉智明がカツラを認めたって本当?

実は、かなり前になるんですが…小倉さんがカツラについて語られていたことが一度だけあるそうです!

2002年「週刊文春」1月31日号で、小倉さんはカツラ疑惑についてコメントされています。

「別に隠してもいないし、みんな知ってますよ」

「ズレたりなんかしないし、長いのとか短いのとか持ってませんよ。僕は総カツラじゃないんだから(笑)。ほとんどが自分の髪なんだから」

「ちゃんと一ヵ月に一回、美容院行って髪は切ってるし、スッポリ被ってるわけじゃないですよ」と語られたそうです。

なんと…めちゃくちゃ男らしいじゃないですか!!

本人も認められているということがわかり…かなりリサーチしやすくなりました!

それでは実際に画像を見て比較してみたいと思います。

小倉智昭の昔といまの画像を比較して頭皮を検証!

まずは若い頃の小倉さんからどうぞ!

めちゃくちゃお若い〜!

この頃は間違いなく地毛でしょう!たぶん…

若い頃の写真が少なく、次にドーンと最近の写真になるのですが…

これは!頭皮マッサージ中ですかね!?

わ、わからない…

小倉さんがカツラだと言われるようになったのは、ある動画がきっかけではないかと言われています。

それがコチラの動画です。

こちらは実際の放送で起きたものではなく、誰かが偽造で動画を作ったそうです!

かなり酷い動画ですよね!!

リアルに作られていて、悪意ありすぎですよね!

最後に…

後ろに映っている小倉さん、スゴイお若いですね〜!

でも今もあまり変わっていない気がするのはわたしだけでしょうか?

わたしは鈍感なのかもしれませんが…この画像だと、小倉さんがカツラだというのはわかりませんでした。

まとめ

今回のブログでは、

小倉智昭がカツラを認めたって本当?昔と現在の画像を比較して検証!

という内容でお伝えいたしました。

正直、小倉さんが現在総カツラになったのか、地毛はあるのか…それは本人にしか分かりません!

ただ…面白おかしく人の頭を勝手にカツラだと決めつけ、動画を作るのは酷いな…と感じました。

わたしは、キャスターとして22年間もの長い間、カメラの前で活躍された小倉さんはかっこいいと思います

カツラであろうと…ハゲていようと…なんであろうと、小倉さんは立派な方です!!

もしも、小倉さんが本当にカツラなんだとしたら、その理由はきっと『とくダネ!』のイメージを壊したくないからだとわたしは思うんです。

小倉智明さんは、「まだ、全てをやり遂げてはいませんが、そろそろ次世代のキャスターに席を譲る時が来たようです」とコメントをされました。

きっと…小倉さんの背中を見て育ったキャスターたちが、今後バトンを受け取り、活躍を見せてくれることだと信じています!

今回のブログは以上とさせていただきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、失礼いたします。

Rilly