芸人

おぎやはぎ|小木博明の入院先の病院名や手術日は?活動復帰はいつ?

こんにちは!

おぎやはぎの小木博明さんが、初期の腎細胞がん(ステージ1)により、17日から入院し、治療に専念されると公表されました。

小木さんは、持病の偏頭痛治療の入院中に、エコーの検査を受けたところ、5㎝ほどの「腎細胞がん」が見つかったそうです。

今回のブログでは、

小木博明の入院先の病院名や手術日は?

小木博明の活動復帰はいつ?

についてお伝えいたします。

では早速、進めさせていただきますね!

小木博明の入院先の病院名や手術日は?

小木博明さんの入院先の病院名については、どこを探しても公表されていませんでした。

芸能人が多く通われる病院先は、

慶応大学医学部付属病院

・東京慈恵会医科大学付属病院

・虎ノ門病院

・三井記念病院

・山王病院

などが有名ですが、小木博明さんも有名人なので、管理の整った病院で入院されていそうですね。

最初は頭痛で入院されているので、総合的に設備が整った、大学病院の可能性が高いと思われます!

「順天堂大学医学部附属順天堂医院」などの可能性もありますよね!

手術日については、

手術を行うのかどうかも公表されていないので、全く分かりません。

すみません…

お詫びに、

小木博明さんがこれから闘われる「腎細胞がん」について調べてみました!

腎細胞がんの治療法は、標準治療に基づいて、体の状態や年齢、患者さんの希望なども含め検討し、担当医とともに決めていきます。

腎細胞がんに対する標準治療は「手術(外科治療)」ですが、がんが小さい場合は、体への負担が手術よりも少ない「局所療法」が選択されることも増えてきています。また、がんが広がっていたり、転移がみられたりする場合に、薬物療法放射線治療を行うこともあります。

一般的には、腎摘除術が標準的な術式です。しかし、近年の画像診断技術の向上などに伴って、がんがまだ小さいうちに見つかることが多くなってきたため、可能であれば腎部分切除術を行うことも増えてきました。

手術の術式としては、おなかを切開して行う「開腹手術」や、おなかに開けた小さな穴から腹腔鏡を入れて行う「腹腔鏡下手術(後腹膜鏡下手術)」があります。腎部分切除術では、手術用ロボットを遠隔操作して行う「ロボット支援手術」もあります。

手術の術式は、がんや体の状態などによって決められます。

引用元:がん情報サービス

小木博明さんの場合は、ステージ1の初期ということなので、治療法についても選択の余地がありそうですよね!

小木博明の活動復帰はいつ?

仕事復帰時期に関しては、9月頭の予定で、正確な復帰に関しては、治療の経過を見てからの判断になるそうです!

順調にいけば、1ヶ月もかからず復帰できるなんて…

びっくりですよね!

気になったので、「腎細胞がん」の手術後の生活について調べてみました。

腎がんの手術後について

ほとんどの方は、普通の生活にすぐに戻ることができます。軽い作業であれば術後1〜2週間で行うことができ、1ヵ月くらいすれば普通の生活ができるようになる方がほとんどです。スポーツについても、一般的なものであれば特に問題なく行えます。

引用元:Nexavar

スポーツもこんな早くにできちゃうなんて、びっくりしました!

人間の治癒力はすごいですね。

まとめ

今回のブログでは、

小木博明の入院先の病院名や手術日は?

小木博明の活動復帰はいつ?

についてお伝えいたしました。

小木博明さん。

今は治療に専念していただいて、9月元気に復帰してくれることを祈っています…

元気に復帰されました!本当に良かった!!

今回のブログは以上とさせていただきますね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、失礼いたします。

Rilly