スポーツ選手

笹生優花はハーフで国籍はどこ?ゴルフの賞金の総額がヤバイ!

こんにちは!Rillyです!

今回は、2020年8月16日NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで優勝され、女子ゴルフ初の21世紀生まれの優勝者となられた女子プロゴルファー笹生優花さん(さそうゆうかさん)についてリサーチしたいと思います!

笹生さんは数々のゴルフの大会で優勝されるほどの実力者で、笹生さんを検索しますとなぜか「ハーフ」のワードが出てきます。

「ハーフ」も気になるし、「大会の賞金」も気になりますよね〜!

ということで!

今回のブログでは、

笹生優花はハーフで国籍はどこ?ゴルフの賞金の総額がヤバイ!

という内容でお伝えいたします。

では早速、進めさせていただきますね!

笹生優花はハーフで国籍はどこ?

それでは順にお伝えいたしますね!

笹生優花はハーフ?

笹生さんは日本人とフィリピン人のハーフです!

父親が日本人で母親がフィリピン人だそうです。

家族は、父親・母親・妹1人・弟3人の7人家族とのことです!

姉弟多くて楽しそうですね〜!

笹生さんはフィリピンで生まれ、5歳の頃フィリピンから日本に移住し、また、小学校3年生の頃にフィリピンへ戻り、ゴルフを始めたそうです!

現在は東京に住んでいるようです!

笹生優花の国籍は?

2021年1月現在、笹生さんの国籍はフィリピンと日本の二重国籍となっています。

2020年8月16日に開催された女子ゴルフツアーNEC軽井沢72で、笹生さんは初優勝を果たされ、表彰台での優勝スピーチで「日本人の心を持って頑張りたい」と述べられ、その後の会見では「将来的には日本の国籍を取得したい」とおっしゃられていました。

父の正和さんも「本人は五輪に出たいと言っている。フィリピン代表で出場した後に日本の国籍を選ぶことになるだろう」と明かされています。

日本国籍法では、二重国籍の方は22歳に達するまでに(20歳に達した後に重国籍になった場合は、重国籍になった時から2年以内に)日本か外国のいずれかの国籍を選択しなければならないと規定されているそうです。

笹生さんは現在19歳(2021年1月現在)なので、あと2年とちょっとでどちらかに国籍が決まるんですね!

笹生優花のゴルフの賞金の総額がヤバイ!?

笹生さんが日本のゴルフ界にプロゴルファーとして登録されたのは、2020年1月1日だそうです。

まだめちゃくちゃ最近ですね〜!

この2020年の一年でとんでもない成績を残し、すごい額の賞金をゲットされています!

2020年の賞金総額がトップだった笹生さん!一体いくら稼がれたんでしょうか!?

では、お伝えいたしますね!

アース・モンダミンカップ

5T    ¥8,640,000.

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

優勝 ¥14,400,000.

ニトリレディスゴルフトーナメント

優勝 ¥36,000,000.

ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント

29T     ¥408,000.

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

13T ¥2,640,000.

第51回デサントレディース東海クラシック

8T   ¥1,876,000.

日本女子オープンゴルフ選手権

14T   ¥1,226,250.

スタンレーレディスゴルフトーナメント

12T   ¥990,000.

富士通レディース2020

10T   ¥1,935,000.

TOTOジャパンクラシック

2位 ¥14,637,920.

第39回大王製紙エイエールレディスオープン

3T ¥6,500,000.

JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

6T   ¥4,638,000.

2020年賞金総額は…

¥93,891,170.

もう早くも1憶円プレイヤーじゃないですか~!本当にスゴイ!!笹生さんってほんとに素晴らしい才能をもったゴルフ選手ですね!!

2021年の活躍もめちゃくちゃ楽しみですね!!

まとめ

今回のブログでは、

笹生優花はハーフで国籍はどこ?ゴルフの賞金の総額がヤバイ!

という内容でお伝えいたしました!

笹生さんハーフで本当可愛いですよね〜!

母国がふたつあるってステキだと思います!

そしてなにより、ゴルフの賞金ってやっぱりスゴイ額なんですね〜!!

うちの娘には、塾よりもゴルフクラブに入らせた方が良いのかな?な〜んて思っちゃうほど、夢のある賞金でした!(笑)

ですが…笹生さんも血の滲むような練習と努力があったからこのような結果を残せたのだと思います。

もちろん!才能がなければ優勝なんて無理だと思います。

技術、精神力全てが揃っていないとプロにはなれなさそうですもんね!

ほんと笹生さんはスゴイ方ですね!!

これからも、日本のプロゴルファーとして輝き続ける笹生さんの活躍を、追い続けていきたいと思います!

今回のブログは以上とさせていただきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、失礼いたします。

Rilly