医者

感染症内科|武藤義和医師の学歴・経歴・年収・仕事内容は!?

こんにちは!Rillyです!

今回は、

最近メディアでよく見かける感染症内科医武藤義和医師について調べてみます!

ということで、

今回のブログでは、

【感染症内科】武藤義和医師の学歴・経歴・年収・仕事内容は!?

と題しまして、これらについて徹底リサーチいたしますっ!

では早速、進めさせていただきますね!

武藤義和医師の学歴・経歴は?

まずは、学歴からお伝えいたしますね!

学歴

正直、武藤義和医師についての情報はほとんどなく、中学・高校はどこ出身か分かりません。

すみません!

出身地は岐阜県なので、地元の中学・高校やと思われます。

大学は、岐阜大学医学部を卒業されています。

卒業期が55期生なので、2008年3月に卒業されたそうです!

引用元:岐阜大学医学部同窓会

あまり、現在と変化がないですね!

経歴

探しまくってやっと見つけた経歴についてお伝えいたしますね!

2008年

岐阜大学卒業後、公立陶生病院の研修医として救急医療に携わる。

2010年

岐阜大学高次救命センターで、救命医療に携わる。

2011年

大垣市民病院の呼吸器内科で、急性気管支炎、肺炎、結核などの診療を行う。

2014年

日本の感染症医療の先駆者である、大曲貴夫医師がセンター長を務める国立国際医療研究センターの総合感染症コース・チーフレジデントとして活躍される。

2017年

マラリアなどの熱帯感染症を学ぶために、タイのMahidol大学に留学。

2017年11月

公立陶生病院・感染症内科医長に就任。

2019年4月

公立陶生病院・感染症内科主任部長に就任。

現在は、あらゆる感染症に対応し、診療科目の枠を超え、院内感染対策にも力を尽くされている。

また、医師としての経歴についてもすごいです。

指導医

・臨床研修指導医講習会受講済

専門医

・日本呼吸器学会呼吸器専門医

・日本感染症学会感染症専門医

・日本内科学会総合内科専門医

認定医

・日本内科学会認定内科医

・日本結核病学会結核,抗酸菌症認定医

・米国内科学会認定医

これだけの輝かしい経歴をお持ちの武藤義和医師やから、感染症のスペシャリストと呼ばれる理由が分かりますね!

武藤義和医師の年収・仕事内容は!?

次に年収を調べてみました!

年収

年収については、全く明かされないので正確なものは分かりませんが…

医者の平均年収は、数多くの職業の中でトップ約1,232万円だそうです!

また、医科長クラスでは、約1,515万円ぐらいが相場のようです。

武藤義和医師はそれに加えて、メディアやさまざま機関でご活躍されているので、それらを含むと…

年収は、軽く2,000万円ぐらいは超えてくると思われます!

仕事内容

こちらにつきましては、武藤義和医師が務められている公立陶生病院の感染症内科の診療案内をされているページがあります!

感染症内科という仕事内容は、次のとおりです!

・入院されている患者さんの感染症治療方針のお手伝いを行い、有効な抗生剤の使用などをサポートします。

・院内の抗生剤が効かない菌や難治性の感染症動向を常に監視して院内感染対策に尽力します。

・原因不明な熱や、各種培養検査陽性の患者さんの診断から治療まで幅広く行います。

・帰国者の方、渡航者の方に対して、海外での国際診療の経験を持った医師が対応します。

・トラベルクリニックでは、渡航前のワクチン接種、相談などに関しても親身になって対応します。

・最新の遺伝子検査機器を用いて迅速に原因菌を同定し、治療につなげます。

引用元:公立陶生病院

武藤義和医師の診察を受けられるのは、毎週水曜日の13:30〜(要予約)だけのようで、なかなか予約を取るのは難しそうですね。

まとめ

今回のブログでは、

【感染症内科】武藤義和医師の学歴・経歴・年収・仕事内容は!?

について、徹底リサーチいたしました。

世界中で、強力なウィルスが問題視されている今、感染症をこれ以上拡大させないため、わたし達は武藤義和医師の経験や知識を借り、その有力な情報をしっかりと胸に刻んで、ウィルスと闘う必要があると思います。

それでは、今回のブログは以上とさせていただきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼いたします。

Rilly