俳優

三浦春馬の年収・ギャラが安い理由!マンションの家賃と住所も判明!

こんにちは!Rillyです!

三浦春馬さんの年収ギャラが安いというウワサが飛び交っているそうで…

詳しくリサーチいたしました!

今回のブログでは、

・三浦春馬の年収、ギャラが安い理由は?

・マンションの家賃はいくら?

・マンションの住所は?

の3つについて、お伝えいたします。

では早速進めさせていただきますね。

三浦春馬の年収、ギャラが安い理由は?

年収を計算するために、まずは2019年の三浦さんの活躍をしっかりと振り返ってみます。

2019年4月〜2020年3月の1年間の活躍を調べてみました。

CM出演 7本

「グロップ」「ドラマ告知」「映画告知」など

ドラマ 主役 2本

「ダイイング・アイ」「TWO WEEKS」

映画 主役 1本

「アイネクライネナハトムジーク」

ミュージカル 主役 1本

「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」

バラエティ 10本ほど

「めざましテレビ特大号」「ネプリーグ」「VS嵐」「痛快スカッとジャパン」など

ニュース番組 告知などで数回

「めざましテレビ」「スッキリ」など

CDリリース 1枚

「Fight for your heart」

(ドラマ「TWO WEEKS」の主題歌)

音楽番組 7回ほど

「FNS歌謡祭」「Mステ」など

かなり色んなジャンルで活躍をされていますよね。

ではこれに基づいて、ギャラについて考えていきたいと思います。

CM出演 7本

予想 3000万

(告知系はあまり収入がないとか…)

ドラマ 主役 2本

予想 3000万

(相場:主役1時間100万〜300万ぐらいなので、150万で計算した場合…)

映画 主役 1本

予想 500万

(相場:300万〜1000万ぐらい)

ミュージカル 主役 1本

予想  500万

(相場:350万〜1000万ぐらい)

バラエティ 10本ほど

予想 100万

(ゴールデン相場:10万〜20万)

ニュース番組 告知などで数回

予想 10万

CDリリース 1枚

予想 300万

(最高オリコン12位のため、販売数約5000枚の計算)

音楽番組 7回ほど

予想 30万

合計予想 7440万

これでも低い設定で計算してみたので…

年収は、約7500万ほどあると思われます。

実際、これほどの年収があるのなら、決して年収が低い!とは言えないほどやと思いますよね。

芸能人にしては安いのかな?

三浦春馬のマンションの家賃はいくら?

三浦春馬さんのマンションの家賃が安いそうなのですが、実際いくらなんでしょうか?

三浦春馬さんは、

「ピアシティ芝浦ハイツ」

というマンションに住んでいたそうです。

引用元:Property Bank

「ピアシティ芝浦ハイツ」は、16階建てのマンションで、家賃は部屋によって違います。

実際の家賃は、15万から42万までぐらいまでとのことで、かなり金額に差があるようです。

三浦春馬さんは何階だったんでしょうね…

三浦春馬さんの年収やと、42万の1番高いお部屋でも余裕で住めますよね。

ですが…

三浦春馬さんの部屋の家賃について、こんな記事を見つけました。

三浦さんが住んでいたマンションは1990年代に建てられた。64平方メートルの1LDKで月額家賃は18万円ほど

引用元:日刊ゲンダイ

これが確かな情報であれば、

人気俳優の三浦春馬さんにしては、かなり安い家賃のお部屋に住んでいるんやな…

という印象を受けますよね。

三浦春馬のマンションの住所は?

それでは、住所と一緒に最寄り駅もお伝えいたしますね。

所在地

〒108-0022
東京都港区海岸3丁目18−2

交通

新交通ゆりかもめ / 芝浦ふ頭駅 徒歩3分

新交通ゆりかもめ / 日の出駅 徒歩8分

JR山手線 / 田町駅 徒歩11分

新交通ゆりかもめ / 竹芝駅 徒歩16分

都営浅草線 / 三田駅 徒歩17分

JR山手線 / 浜松町駅 徒歩20分

マンション敷地内にはコンビニがあり、24時間体制の有人管理により、管理体制良好で、かなり便利で住みやすいマンションのようですね。

三浦春馬さんのマンションには、少しでも三浦さんを近くに感じたいと…何人ものファンの方が訪れているそうです…。

まとめ

今回のブログでは、

・三浦春馬の年収、ギャラが安い理由は?

・マンションの家賃はいくら?

・マンションの住所は?

の3つについて、お伝えいたしました。

三浦春馬さんの所属事務所アミューズは大手のしっかりした事務所なので、

三浦春馬さんの年収やギャラが安いというのは、たんなるウワサに過ぎないと思います。

ウワサには気をつけたいものですね…

最後までお読みいただき、ありがとうございました。