スポーツ選手

池江璃花子の結婚した彼氏の画像は?学生から現在までの可愛い写真も!

今回は、競泳で日本代表の池江璃花子(いけえ りかこ)選手についてリサーチしたいと思います!

池江璃花子選手を検索すると…

「結婚」「彼氏」のワードが!!

めちゃくちゃ気になる〜!

ということで!

チェック✔︎

このブログではたった3分で…

「池江璃花子選手の彼氏や結婚についての情報」

「池江璃花子選手の若い頃から現在までのかわいい画像」

の2つについて…知るコトができます!!

という内容でお伝えいたします。

改めまして…

今回のブログでは、

池江璃花子の結婚した彼氏の画像は?学生から現在までの可愛い写真も!

という内容でお伝えいたします。

では早速、進めさせていただきますね!

池江璃花子の結婚した彼氏の画像は?

kii坊
kii坊
池江選手って結婚してたの!?
たぶん彼氏だよね!?
そ、そう信じたい〜!!

池江璃花子選手は2021年6月現在、結婚はしていません!

彼氏についてウワサがあるようですが…

「彼氏画像流出」「彼氏は萩野公介選手」というのは全てガセネタのようです!

2018年アジア競技大会では、たくさんの金メダルを獲得し、素晴らしい活躍を見せてくれた池江選手ですが…

2019年2月(高校3年生の頃)に白血病と診断され、過酷な闘病生活を送られることに…

2020年に予定していた東京オリンピックは諦め、2024年パリオリンピックに出場する!と公表されましたが…

まさかの東京オリンピックが延期!

そして…池江璃花子選手は過酷な闘病戦を勝ち抜き、東京オリンピック競泳の日本代表として完全復活を遂げました!

そんな彼女を影で支えたと言われている、特別な方がいるそうなんです!

それではわかりやすい記事を引用させていただき、お伝えいたしますね!

池江選手には、心の支えとなる“大切な人”がいるという。

「病気が発覚する直前、ある男性との出会いがあったそうです。相手は別の大学の4年生Aさんで、同じ水泳部だそうです。池江さんの方から勇気を出して気持ちを伝えたそうです」(日大水泳部関係者)

 Aさんは水泳競技の日本代表にも選ばれており、目下、東京五輪への出場を目指す有望選手。身長は175cm、鍛え抜かれた体が印象的な鈴木亮平似のイケメンだ。

「彼女はAさんを信頼していて、闘病中も毎日のようにLINEで連絡を取り合っています。池江さんの家は厳しくて、恋愛禁止という話もありますが、周囲は恋人だと思っていますよ。実際のところは当人同士にしかわかりませんが…。でも、確実に言えることは、池江さんが前向きに闘病生活を送れているのは、彼の存在も大きい」(前出・日大水泳部関係者)

引用元:NEWSポストセブン

池江選手の彼氏の特徴をまとめてみました!

池江選手の彼氏の特徴

・2019年5月時点で大学4年生

・日大以外の大学

・水泳部

・水泳競技の日本代表に選ばれた経験有り

・身長175cm

・鈴木亮平似のイケメン

東京オリンピック内定選手の中にいるのか!?

調べてみましたが…残念ながらそれらしき人は見つかりませんでした。

もしかしたら、見逃してしまっているかもしれないので…

東京オリンピックでもう一度探しながら、応援したいと思います!

池江選手を支える方々が本当に素晴らしいから、今の池江選手があるんだと思います。

本当に…家族・彼氏の存在が、池江璃花子選手の心も体も強くしているのだと感じますね!

ずば抜けた精神力で、病気にも打ち勝った池江選手なので…

東京オリンピックでも、きっと活躍してくれることでしょうね!!

池江璃花子の学生から現在までの可愛い写真まとめ!

では、池江璃花子選手の中学時代から現在までのかわいい画像をお届けいたしますね!

中学生の池江璃花子選手

引用元:Twitter

か、かわいい!

初々しいですが、あんまり今と変わらない気もしますね〜!

高校時代の池江璃花子選手

引用元:Twitter

めちゃくちゃ笑顔がかわいいですね〜!

現在(20歳)の池江璃花子選手

引用元:Twitter

引用元:Twitter

かわいい!と綺麗!を兼ね備えた池江璃花子選手!!

ほんと和装がよく似合う!

日本美人とは池江璃花子選手のことですね〜!!

まとめ

今回のブログでは、

池江璃花子の結婚した彼氏の画像は?学生から現在までの可愛い写真も!

という内容でお伝えいたしました!

池江選手の完全復活、ほんとに…ほんとに…うれしすぎます!!

池江選手の活躍は、”日本国民の心に響くこと間違いなし!”ですねっ!

日本に希望を与えてくれる…池江璃花子選手の泳ぎが楽しみですね!!

あと、気になる恋愛の方も…引き続き陰ながら見守っていきたいと思います!

今回のブログは以上とさせていただきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、失礼いたします。

Rilly