漫画

原泰久の年収・経歴は?結婚して妻と子供がいるって本当!?

こんにちは!Rillyです!

今回は、「こじるり」こと「小島瑠璃子」さんと熱愛報道された、漫画家の原泰久さんについてリサーチいたしました。

今回のブログでは、

・原泰久の年収・経歴は?

・結婚して妻と子供がいるって本当!?

の2つについてお伝えいたします。

では早速進めさせていただきますね!

原泰久の年収・経歴は?

漫画家ってどれぐらいの収入があるんやろ?
Rilly
Rilly

原泰久さんの気になる年収からお伝えいたしますね!

年収

原泰久さんの職業は漫画家で、代表作は有名な「キングダム」という漫画です!

年収を予想したいと思うのですが、漫画家にとって、印税というものがお給料にあたるものです。

印税とは書籍化・デジタル化された漫画作品が読者に購入された場合、書籍の価格の何%かが、作者に支払われるお金のことを言います。 印税は出版社によっても違いますが、一般的には8%~10%ほどが相場のようです。

今回予想年収を出すために、低めの8%に設定し、計算したいと思います!

週間コミックランキング(2020年6月15日〜21日)で『キングダム』最新巻が第1位を獲得!されたそうです!

そんな大人気の『キングダム』は、2020年6月現在の調べで、累計6,600万部を突破されたそうです!

すごい人気ですよね!

『キングダム』の本の価格は、税込¥594.

印税を計算すると、

1冊あたり 594円×8%=47.52円

48円(四捨五入)×6.600万部=31億20万円

なんと、『キングダム』の漫画だけで、原泰久さんの手元に入った額は…

31億20万円という結果に…

や、ヤバイですね!

年収に直すと、『キングダム』は2006年から始まった漫画なので、2020年の現在で、14年間続いている人気漫画なんですね!

31億で計算させてもらうと…

31億÷14年間=約2億2千万円

『キングダム』の印税だけで、

ざっと、

年収は

約2億2千万円

となります!

壮大な金額過ぎて、想像を絶しますね!!

しかも、映画化や、テレビアニメ化、テレビ出演などの年は、約5億ほど稼いでいたとか!?

売れっ子漫画家さんの年収はヤバイですね!!

経歴

原泰久さんの経歴もスゴイです!

原泰久の経歴

大学3年生の頃 漫画家を目指す

1997年 第36回ちばてつや賞ヤング部門にて「上田君の退化論」が期待賞を受賞

大学卒業後 プログラマーとして就職

3年後 退社

1999年 第40回ちばてつや賞ヤング部門にて「於兎松」が準大賞を受賞

「於兎松」『別冊ヤングマガジン』に掲載されデビュー

2003年 第23回ヤングジャンプ月例、MANGAグランプリにて「覇と仙」が奨励賞を受賞

2006年 『週刊ヤングジャンプ』9号より「キングダム」の連載を開始する

2012年 NHK BSプレミアムにて「キングダム」テレビアニメ化される

2013年 第17回手塚治虫文化賞にて「キングダム」がマンガ大賞を受賞

たくさんの賞を受賞されていることに驚きました!

やはり売れっ子漫画家は経歴も素晴らしいですね!

結婚して妻と子供がいるって本当!?

「こじるり」が不倫なんてするはずがない!と思いつつ…調べてみました!

原泰久さんは、過去に結婚していましたが、今現在は離婚されてフリーのようです!

子供さんは3人いるようです。

原さんはTwitterで、元奥さんのこと、子供たちのことをツイートされていたようです!

元奥さんのツイート

元奥さんについては、これが最後のツイートのようです。

子供たちについてのツイート

まずはじめに1番上の長男についてのツイートですが…

長男の年齢は12歳のようです!(2020年7月現在)

次に、2番目の長女についてのツイートですが…

長女の年齢は11歳のようです。(2020年7月現在)

3番目の次男についてのツイートですが…

次男の年齢は6歳のようですね!(2020年7月現在)

そして、コチラ!

これで、子供たちに関してのツイートも最後となります。

離婚した時期はきっちりとわかりませんが…

この2017年2月28日の時期頃に離婚された可能性が高いと思われます。

何より…

最近、不倫報道などが多いのでドキドキしましたが、

原泰久さんが既婚者じゃなくて良かったです!

まとめ

今回のブログでは、

・原泰久の年収・経歴は?

・結婚して妻と子供がいるって本当!?

の2つについてお伝えいたしました。

今後は、漫画はもちろん、「こじるり」との関係性についても目が離せませんね!

では、今回のブログは以上とさせていただきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼いたします。

Rilly